家族婚でハッピーな一日を|少人数でまったりできる

婦人

必ず考えておくべきこと

和婚

式場によって異なる特徴

和婚とは、新郎新婦が和装で行う結婚式のことです。新郎の衣装は、紋付袴である場合がほとんどですが、新婦の場合は、白無垢や色打掛、黒の引き振袖など様々なタイプの婚礼衣装があります。和婚の式場として人気が高いのが神社です。神社での結婚式は、神殿の中にある祭壇の前で行われるのが一般的です。神社によっては、祭壇が屋根しかない屋外にある場合もあるので、和婚を神社で行う場合は、季節や天候なども考慮しておくことが大切です。大規模な神社の場合は、神社内で披露宴や会食ができる場合もありますが、挙式しかできない神社も多くあります。その場合は、新郎新婦や参列者は、バスなどで披露宴会場に移動する必要があることも考慮しなければなりません。大規模なホテルの結婚式場では、神社と同じ祭壇が設置されていることも多くあります。ホテルの中の祭壇であっても、実際の神社の宮司が祝詞を奏上してくれるので、本格的な和婚を行うことができます。ホテルの中の祭壇は、神社のような開放感や自然美はないものの、室内なので気候に左右されない上、披露宴会場まで簡単に移動ができるという利点があります。和婚の人気は高まっているので、有名な神社や景観が美しい神社は、早くから挙式や写真撮影プランの予約が埋まってしまいます。自分の希望する時期に和婚をしたいのであれば、できるだけ早めに式場を選んで予約をすることが大切です。和婚に関する情報は、ウェディング情報の雑誌やサイトにもたくさん掲載されています。