家族婚でハッピーな一日を|少人数でまったりできる

婦人

歴史と伝統のある場所で

花嫁

重厚な雰囲気だけではない

神社挙式が選ばれる理由としてよく挙げられるのは、厳粛で純和風の格調高い式に出来るという点でしょう。確かに、教会での挙式などとはまた違った重厚な雰囲気と、日本文化ならではの美しさのある式になります。しかし、神社挙式の支持される理由はそれだけではありません。雰囲気だけではなく、現実的な理由も隠されています。挙式から披露宴に至るまで、主役は基本的に花嫁の方です。参列者の視線も当然花嫁に集まることになります。でも、結婚式は新郎新婦の為のものです。神社挙式には、誓詞奏上という新郎側の大きな見せ場が用意されています。男女両方を対等に主役にしたい場合に最適なのです。少人数制でアットホームな式に出来るのも、神社挙式の優れた点です。近年では、経済的な事情や人間関係などの様々な理由で、小規模な結婚式を選ぶ流れが見られます。少人数制が基本の神社挙式を選べば、規模が大きな式を親族から勧められても、自分の要望を通しやすいでしょう。アットホームな式にしたくても、新しい挙式スタイルだと、年配の参列者からは受け入れにくい要素もあります。でも、伝統的な神社挙式なら、幅広い年齢層の人からも支持されやすいでしょう。神社挙式は、その雰囲気から挙式の流れも厳格で、細かい決まりがあるように思われがちです。実際には新郎新婦の様々な要望を聞いて、神社側がある程度柔軟に対応してくれます。このような点も神社挙式の人気に繋がっています。